• シンプルパック15 15万円PACK
  • まごころパック27 27万円PACK
  • やすらぎパック37 37万円PACK
  • 花祭壇パック47 47万円PACK
無料事前相談受付中!!0120-6766-0118 24時間・365日無料受付しております。深夜・遠方の方に関わらず、まずはお気軽にご連絡下さい。

クリス葬祭 代表髙橋のつぶやきBLOG

2011年6月16日 木曜日

保健所は暗かった

用事があり、保健所にいきました。

入り口から入ると、あれ?やってるの?

て感じでした。 電気が消されているので

薄暗くて異様な雰囲気でしたが、その奥には

職員さんが座っていまいた。ニコニコ

その部分は電気が点いていたので安心しました。ひらめき電球

そして 必要な書類が役所に行かないといけなくなり

役所に行くと、同じく電気が消えている部分があり

暗く感じました。 よく考えてみると、節電で 電気を

消しているところは多いような気がします。

不況の影響なのでしょう。 しかし入り口の電気は消さ

ないほうがいいと思いました

記事URL

2011年6月16日 木曜日

開かずの踏み切り

昨日の夜、出かけ先から帰宅途中に ある踏み切りに


差し掛かりました。 そして先頭に着き、開くのを待って


いること5分、「あれっ?」 10分  「なんで?」  20分 


「これはおかしい」 30分 「ありえへん」  ふと周りを見る


と 踏み切りを上げて通る人や、Uターンする車、 踏み切り


のボタンを確認する人で騒がしくなりました。 


そして電話で104にかけて、JRに確認すると、30分くらい前


に この路線で人身事故があったとのことでした。


この場所にいても 踏み切りは当分 開かないだろうと思い


Uターンして別の道で帰りました。


今朝の新聞で確認したら、 90歳の男性が線路脇を歩いて


事故に遭って亡くなられたそうです。


この事故で1時間15分 上下線あわせて30本が運休していた


そうです。  その時に、その踏み切りに遭遇したので 今朝


新聞を読んで なんとも言えない気持ちになりました。

記事URL

2011年6月16日 木曜日

文学バー

始めて聞くのですが、 大阪に文学バーという



バーができるのですカクテルグラス。 関西ゆかりの作家の方々



がオーナーなのです。 古今東西の文学書数千冊を



備え、一杯で何時間も楽しめるのがウリで、リラッ



クスした雰囲気の中で、気軽に文学を学べるのはいい



ですねニコニコ。 関西には、このような文学バーはほとんど



ないみたいなので、文学を志す人や本を愛する人の



コミニュケーションスペースとしては最高ですね

記事URL

2011年6月16日 木曜日

ご飯が炊ける弁当箱

今、気になっているものがあります。ラブラブ



それはご飯が炊ける弁当箱です。 お弁当はつくるのが



めんどくさかったり、冷え切ったご飯も美味しくないので



大変便利なお弁当箱があることを知りました。目



これは、お茶碗 二杯分くらいのお米と冷凍食品をご飯の



上の容器に冷凍のまま入れておきます。 そして食べる時間



の30分前に米と水を入れて、炊飯のボタンを押すだけで、



ホカホカの温かいお弁当ができるのです。割り箸



今、一番ほしいものなのです

記事URL

2011年6月16日 木曜日

うがい・手洗いの習慣

インフルエンザが流行しています。  インフルエンザの薬


にもいろいろあるみたいで、口から吸入するタイプや点滴


のタイプがあるのです。インフルエンザの薬といえばタミ○ル


だけだと思っていました。 


症状や年齢にあわせて投与するお薬を変えるみたいです。


ぼくは12月の初旬に予防接種をしたのですが、 とにかく外から


帰ると うがいをします。     この習慣は数十年前からです。


特に電車や人ごみの中にいた時は、近くにうがいできる場所を


探してしまいます。  そのおかげなのか分かりませんが、数年


風邪はひいたことがないと思います。     寝冷えの時に朝、

 

鼻水がでて、これはヤバイと思ったときには、すぐに風邪薬を


飲むようにしています。  


うがい・手洗いの習慣がない人が多いのか 少ないのかは、解り


ませんが、 ようは気の問題なのでしょう。 

記事URL

お客様からできるだけたくさんのご要望をお聞きすることが、お客様へ安心感を与え、信頼感を結べる最善の方法と考え、日々お葬式のお手伝いをさせていただいております。

葬送は、「大切な家族だから・・・」「今できることは・・・」という想いをご相談して欲しいのです。
そんなお客様の想いを現実にし、大きな安心感を得ていただけるよう精一杯頑張っていきたいと思っておりますので、いつでもお気軽にご相談下さい。

メールでのお問い合わせはこちら